カテゴリ

カテゴリ:自己紹介

独身、マンションを買う②

カテゴリ:
前回からだいぶ時間が経ってしまいました。



2回目の内覧には、兄も連れていきました。
おばあさんは快く迎え入れてくれて、お茶までいただき軽く雑談し、
この後もう1組内覧する方がいるということだったので、
長居することなく今回も10〜15分くらいで終了しました。

そして、この日の夜。

不動産会社の営業マンから電話がありました。

「実は、あのあと内覧に来た方が、家を買いたいと。
 ただし言い値ではなく650万円で、そして即金で支払うと。
 
 ・・・でもですね、

 『650万円でもいい。
  でもその人には売りたくない。

  売るならにいなさんに売る。』

  とおばあさん言っているんですけど・・・どうします?」



いきなりそんな展開!?

いやいやいやどうしますもなにも・・・ 

そこまでおっしゃってくれるのは、すごく有難いことなんですけど、
「買えたらいいなぁ〜(まぁ無理でしょw」的な考えでいた私には突然すぎて。
しかし、ちょっとここで欲が出たわたくし、こんなことを言ってみました。


「650万円・・・もうちょっと安くならないですかねw
 600万くらいとか無理ですかねwww」

営業マン「いやそこまで言ったら、じゃああの人に売るってなるかもしれませんよ。
     んーでもちょっと話してみます。
     ・・・にいなさんのご家庭の話とかもしてもいいですか?」

との返事。母が亡くなったことを話すみたいで、まぁいいですよ、と返事しました。


その5日後。


「630万円でOKとのお返事をいただきました。」  





と、いうことで、買うことが決まりました。 
ありがたいありがたい!しかし言ってみるもんです!
1割引きですからね!大きいですよ、700万から630万て!


内覧に行く時は、愛想よく、礼儀正しくするものです。
その、即金650万円で、と言った方、夫婦でいらしたそうですが、
始終旦那さんの方が、家の内装に文句をつけていたそうです。
「なんだこの壁紙は〜」(いや白い綺麗な壁紙で、私そのまま使ってます)
とかなんとかとにかくあれもダメこれもダメという感じで、
これには、私には明るく対応してくれてたおばあさんも、始終無言だったとか。
そりゃそうでしょうねぇ。引っ越すとはいえ、今現在住んでいるんですもの。
そんな文句を言いながらも、買うと言ったので、営業マンもビックリしたみたいです。 

そのあと営業マンと話をしていて、
「その夫婦には別の物件を紹介するんですか?」と聞いたところ、
「他にもあったら紹介してって言われましたけどね、しませんよ!
 あんな無礼な態度の人にはもう営業しません(キッパリ」 
とのことでした笑
どうせなら気持ちよく売買したいですからね。
日頃の言動って、ほんと大事です。しみじみ思いました。



とまぁ、こんな幸運なことがあり、購入する運びとなりました。

その後の日程は、こんな感じで進んでいきました。
(当時書いてた日記より抜粋)

6/12 630万円OK
6/21 不動産会社で契約書を記入し手数料などを支払い
7/1   銀行支店に住宅ローンの説明を聞きにいく(固定金利に決定)
7/15 銀行支店に住宅ローンの契約
7/22 銀行(←引き落とし口座を作った支店)で住宅ローン最終契約

house_omoi_loan
まったくの貯金なし人間だったので(100万くらいしかなかった)
住宅ローンを組むのは必須だったんですけど、
当時は契約社員・持病持ち、という2大マイナススペック持ちだったので、
本当に住宅ローン審査が通過するのかどうか、ちょっと不安でした。
銀行の担当者からも、

「生命保険には加入されているか? 死亡したとき幾らでるのか?」
「契約社員ということですが、契約終了後ももちろん働かれるんですよね?」

ということを聞かれました。

最終的な審査結果が出るのに結構時間がかかったみたいで、
不動産会社の営業マンも、この銀行の担当者に進捗具合を確認していたみたいです。
雇用形態か、病気か、どちらが引っかかっていたんでしょうか。 
確認しておけばよかったなぁ。
(個人的には雇用形態かと。死んだらお金入るけど、仕事なくて働けないとお金払えませんからね)


もし審査が通らなかったら、買うのはやめるつもりでした。
が、なんだか審査通っちゃいましたからね〜。
なんでしょう、この段階でも、
(あわよくば中止とかにならないかなぁ〜)みたいなところもちょっとあったんです。
こんな大きな人生の一大事的なこと、進めちゃっていいのかな!?みたいな。
ちょっと流されてる感があったりもしたので。
でも家の鍵を渡された時は、(...自分の家だ!)と感慨深かったです。 


つづく。
(多分次で終わり。)





🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾
読んでくださってありがとうございます😸


にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ

ポチッとしていただけると嬉しいかぎりです😹
独身四十路喪女の何も起こらない日常 〜四捨五入したら五十路です〜 - にほんブログ村
🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾 

独身、マンションを買う①

カテゴリ:
国勢調査、終わりました。
インターネットでできるのは、本当に早くて便利です。

そういえば
「5年前にはどこに住んでいましたか?」
という質問がなかったな・・・飛ばしちゃったかな?
いやいや、もうここに引っ越してきて丸5年経ったんだ!と気がつきました。

早いもので、もう5年。
マンションなんて買うつもりなかったけど、なんという運命の悪戯(笑)
当時、母が亡くなって一年も経たずして引越ししてしまったのでした。

別段、引っ越さなければいけないなんてことはなかったのですが、
なんとなくここにずっと住んでるのもなぁ、って気持ちになってきて。
それがいつからか「早く引っ越したい!」となって、
ネットで部屋探しをする毎日が続きました。

猫を2匹飼っていたので、ペット可の賃貸を探したのですが、
犬はオッケーでも猫はダメ、というところがほとんど。
壁やら畳やら引っ掻かれるのがダメなんですかね?
たまにあっても、ものすごく古いか、ものすごく家賃が高いか。この2択。

building_manshion_pet

そんな中、賃貸物件で「猫2匹可」というのを見つけました。
それが、今のマンションです。
最初は、賃貸で見つけて部屋を見せてもらう予約をいれ内覧。
不動産屋さんも良い人で、同じネコ飼いさんで話も盛り上がったのですが、
いかんせん家賃が予算オーバー・・・。
で、家に帰って、ネットでまた探していたところ、
同じマンションの違う部屋が、売りに出されていたのです。
しかもかなりお安い!
他の部屋も1千万超えて売りに出されているのに、この部屋は700万!
こ、これは・・・!?と思って、思わず、「見学予約」をポチっと。

するとすぐ不動産会社から連絡があって、なんと明日見に行くことに!
早い。仕事が早かったこの不動産会社。たしかにやり手な感じの営業さんでした。

案内されたのは、おばあさんが一人で住んでいる部屋でした。
旦那様とは死別、お子さんは2人いるけど、どちらも独立しているそう。
高齢ということもあり、関東に住んでいるお子さんに呼ばれたため、
そちらに引っ越しするので家を売却することにしたんだとか。

内覧させてもらったのですが、やはりこの年代の方は物が多い(笑)
大きなタンスやら物が積まれていて、なんだかゴチャっとした印象でしたが、
部屋の間取りとかは賃貸で見た部屋とほぼ一緒だったので、
とりあえずこの日は10〜15分ほどの内覧で終わりました。

値段が安いこともあり、私以外にも何組か内覧予定が入ってるようでした。
帰り道、不動産屋さんに
「買いたい気持ちって、どれくらいありますか?」
と聞かれました。
「まぁ買えたらいいなぁとは思いますが、他に買いたいという人がいれば、全然そちらにお譲りします。」
と答えた記憶があります。
そんな気持ちだったにも関わらず、不動産会社に行ってそれなりに書類書いた記憶もあり。

で、買うかどうかも決まってないけど、知らないところで話が進んでいくのも嫌だったので、こういうところを買おうと思ってるんだけど、とうちの兄も連れて、2度目の内覧に行きました。

続く。

(ほぼほぼ記憶がなくなってきてていろんなことが曖昧になってきました。)
(覚えてるうちに書き留めておこうシリーズです。) 





🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾
読んでくださってありがとうございます😸


にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代一人暮らしへ

ポチッとしていただけると嬉しいかぎりです😹
独身四十路喪女の何も起こらない日常 〜四捨五入したら五十路です〜 - にほんブログ村
🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾

このページのトップヘ

見出し画像
×